ハンドメイド

着画作成キットを使って撮影してみました

趣味でアクセサリーを作っていたり、これから販売してみよう!と思っている方。作品をネットにアップする時、なかなか上手く撮影できない。というお悩みはありませんか?

写真の撮り方でせっかく綺麗に可愛く出来ている作品が、とても残念に見えてしまうこともありますから、写真は重要です。

写真の撮り方を工夫してみた今までいろいろと作品を作ってきたけれど、「ネットに載せる」という部分を全く意識していませんでした。 minneなどを見てみると、本...

写真撮影に役立ちそうな物を使ってみたらどれだけ違いがでるか、実際に試してみました。

着画作成キットとは

アクセサリーを作って販売していると、作品事態のイメージを伝える事はもちろん、実際に付けてみた感じを伝える事が大事ですよね。

それでも自分がモデルになって着がを撮影してネットに載せるのは抵抗があるし、これから販売しようとする作品、特にピアスやイヤリングを身に着けるのは衛生面を考えると無理。

アクセサリースタンドに付けて撮影するのもいいけれど、なんとなく味気なくなるような気がしていた時にこれを見つけたので、早速購入してみました。

ピアス用となっていますが、使い方でイヤリングも大丈夫なようですよ。

中身はどうなっている?

私が購入したのはナチュラルタイプ。他には春・夏、秋・冬と季節に分けたものや、外国人のモデルさんもありました。ご自分の作品に合わせて使う写真を変えるのもいいですね。

中身はこのようにモデルさんの写真が8枚、モデルさん一人につき背景あり、無しの2パターン入っていました。

使い方は?

まず使う写真を選んだら、好みの位置にピンで穴を開けます。そこにピアスをセットします。

 

 

作品を目立たせるためには?

 

 

そして一緒に入っている組み立て式のスタンドに写真をセット。

 

写真が見切れないように上手く写真を撮るようにします。

 

こんな感じになりました。?写真が残念ですが作品の雰囲気は伝わりますよね?もう少し上手く取れるように頑張ります。

普通の撮影との違い

台紙にセットして普通に撮影してみました。

 

着画作成キットで撮影するとこうなりました。

比べてみると雰囲気が変わりますね。付けた時のイメージが伝わりやすくなってやっぱり道具は大事です。

販売をしているけれあまり売れない、いいねもされない・・・という方は写真を見直してみるのも一つの方法ではないでしょうか?作品自体のクオリティーが良くても写真で損していたらもったいないです。

着画と台紙にセットした写真などを上手く組み合わせてみるのもいいですね。

まとめ

・写真で損していたらもったいない
・便利な道具は気になったら使ってみよう
・写真が良くなったら売り上げも変わるかも?

反応があると作品作りのモチベーションも上がりますよね?私も頑張って作品作ろう!

ABOUT ME
asuka
asuka
ビーズスキル認定講師。ハンドメイド初心者でも楽しく簡単にできるアイデアを提案していきたいです。100円ショップを活用したり、どこでも手に入りやすい材料を使った作り方なども公開していきたいです。